オーガニックタオル

高級素材を使用したふわふわな肌触りが心地よいオーガニックタオル。赤ちゃん用タオルとしても最適な今治タオル。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新時間: --年--月-- 日 --:--

愛媛マラソン いよいよ今週開催です

愛媛マラソンがいよいよ今週日曜日に開催されます。

この愛媛マラソンは42.195kmのフルマラソンで、タイムリミットは6時間の大会です。

毎年ゲストランナーが来るので、年々その人気が高まっている愛媛の一大イベントに成長しました。

ちなみに今年のゲストの目玉は高橋尚子、古田敦也、スペシャルサポーターとしては土佐礼子選手が来ます。

高橋尚子選手の効果は絶大で、今年の愛媛マラソンのネット受付は4時間少々でネット受付定員の6,000人に達したというから驚きです。

私も一時、東京マラソンを目指していましたのでマラソンには興味があるのですが、この愛媛マラソンだけはちょっと寒い時期すぎて走る気が起きないんですよね。

昔、東京でハーフマラソンに出場したことがあるのですが、20km過ぎに低血糖状態だったのか、塩分が不足していたのか日陰に入っただけで異常な寒さを感じ、ブルブルと体が震えて止まらないのです。

6月だったので全然寒さが厳しくない季節なのにです。

あんなことは人生初めてでしたね。

私も初マラソンだったので、何の準備もしていなかったのも悪いのですが、栄養補給を何にも持たずに出場してしまいました。

その大会はスポーツドリンクが出ない大会だったので、2km毎にある給水所で飲めるのは普通の生ぬるい塩素ばりばりの水道水。

また、栄養補給にバナナとオレンジが数箇所に置いてあるのですが、早いランナーが全て食べてしまうので、私のような遅い者が行っても、もうとっくに完売してしまっているのです。

しかもこれ見よがしに道路のそこら中にオレンジの皮や、バナナの皮が落ちているので食べれなかったくやしさが倍増。

次にマラソンに出る時には糖分と塩分は必ず持っていこうと心に誓ったものでした。

かなり脱線してしまいましたが、というわけで私はこの経験で冬の寒い時期の大会にはやる気が起きないのです。

近所の友人が出場するので、怪我の無いように是非とも頑張って欲しいと思います。

こたつで丸くなりながら応援させてもらいたいと思います・・・



スポンサーサイト

更新時間: 2012年01月31 日 08:38

メタボ認定

昨年の健康診断でめでたく?メタボ判定されてしまい、全国健康保険協会からの「積極的支援」を受けております。

メタボ判定とはまず腹囲が85cm以上の人が対象になります。

ちなみに私は86cmでギリギリでメタボに合格です


且つ、下記追加リスクで2項目以上該当する人が積極的支援に選抜されます。

①血糖値 100mg/dl以上 → 105mg/dl

②脂質 中性脂肪150mg/dl以上 → 207mg/dl

③血圧 ㊤130mmHg以上 ㊦85mmHg以上 → ㊤145mmHg ㊦93mmHg

ということで、全ての項目に合格し晴れて?支援を受けることになったわけでございます。


積極的支援とは・・・

①健康相談(一つの目標を定め、毎日体重を計って記録)

2週間後

②電話でアドバイス

2週間後

③記録表の提出(体重の増減他成果)

1ヶ月後

④電話でアドバイス

1ヵ月後

⑤記録表の提出(体重の増減他成果)

1ヵ月後

⑥電話でアドバイス

2ヶ月後

⑦電話でアドバイス

という半年以上もかかるプログラムなのでございます。


先日、支援担当の方から「頑張ってますか~、状況どうですか~」

などとお電話がありました。

私の当面の目標は

・夕食の炭水化物を減らす

というのが行動指針となっております。

支援が始まって3週間経ちましたが、開始時より-1.5kg程度で増えたり減ったりという状況。

見た目にはほとんど変わらないので、とりあえず半年後を目標にあと2.5kg減らして、70kgを切るところまでは持っていきたいですね。


更新時間: 2012年01月30 日 08:38

皆さん勘違いしてませんか?

子どもと一緒に朝ごはんを食べている時に、NHKでやっている子供向けテレビ番組で
『0655』という番組がありまして、今は下記の歌が流れているのです。


『これを知ってるといばれるの唄 間違えやすい日本語編』
 歌:石澤智幸(テツandトモ)
作詞:0655早起き推進本部
作曲:栗原正己
映像制作:うえ田みお



みなさんもやってみましょう



Q.下記の中で間違いを指摘せよ

1.短刀直入(たんとうちょくにゅう)

2.喧々諤々(けんけんがくがく)

3.かんぱつ(間髪)を容れず

4.取りつく暇も無い

5.異和感(いわかん)

6.完壁(かんぺき)






私は6問中3問も間違いました




意外と勘違いしていることって多いんですね。




では答え合わせです。




1.○単刀直入 ×短刀直入

2.○侃々諤々(かんかんがくがく) ×喧々諤々(けんけんがくがく)

3.○かんはつ ×かんぱつ

4.○取りつく島も無い ×取りつく暇も無い

5.○違和感 ×異和感

6.○完璧 ×完壁



ちなみに私は2、3、6を間違えました。

みなさんはどうでしたか?

更新時間: 2012年01月25 日 08:29

御蕎麦司 宗家 萩の茶屋

日曜日は子ども達がスイミングスクール主催のスケート遠足に姉妹揃って出かけたので、我々夫婦は新居浜へ御蕎麦を食べに行って来ました。

カミさんはうどん文化で育ちましたが、私は北海道出身なのでそば派かうどん派かと言われれば、そば派です。

北海道では今でこそ讃岐うどんの文化が取り入れられましたが、昔はうどんのおいしいものはほとんど無かったですから。

愛媛でもおいしい蕎麦を食べたいと思いいろいろとお店を探していたのですが、カミさんから「新居浜の萩の茶屋の蕎麦はうまいらしいよ!」との情報を以前から聞いており、この絶好のチャンスに行って参りました。

201201221353000.jpg

場所は新居浜市役所のすぐそばで、非常にわかり易い場所です。

お昼13時頃に来店したのですが、2組くらいの待ちで約5分ほどで席へ。

私達夫婦は事前にリサーチしておいた「天もりそば」を注文。

そばが出てくる前に生わさびとおろし金を渡されるのですが、風味を大事にしようということで直前まで擦るのを我慢。

10分ほどでようやく待望のおそばが運ばれて来ました。

201201221334000.jpg


写真を見ていただければわかりますが、ここの1人前は量が多い

蕎麦は高級店になるほど量が少なく、一般的には80g~120gのお店が多いのではないでしょうか。

ここは普通もりで150gと1人前の量としては十分です。

私は150gじゃ足りないので大もりの200gを注文しましたけどね

ここのメニューにはそばのおいしい食べ方について、遵守事項が書いてあります。


・気合を入れて短時間で食べる

・そばチョコを手で胸の位置に持ち、背筋をまっすぐ伸ばし正しい姿勢で食べる

・そばを汁に漬ける量は三分の一くらい漬けて食べると、そばと汁が絶妙のハーモニーを醸し出す

・三分の一汁を漬けたそばを口に入れたら、そばの中央部分に箸を移動し、残りを一気にすすりこむ

・そばを箸で多く取り過ぎない(6本くらいがちょうど良い)

・そばを一箇所にかき集めない

いかがですか?

うるさく思われる方もいるでしょうが、どれもそばをおいしく食べる秘訣かと思いますね。

店内のメニューにはもっとこと細かく説明書きがあるのですが、そばを待っている間に見ているととても面白いですよ。



私も基本に忠実にそばをいただきます。

まずは生わさびをおろし金を使い円を描くように擦って、そばチョコにネギと共にぶっこみます。

そばを6~8本持ち、三分の一くらい汁につけたらズズーッとそばをすすると、なんともいえないそばの香りが広がります。

確かにここのおそば、うまいです

無心になって大盛りのせいろをぺろっと食べてしまいました。

カミさんがどっぷりとそばを汁に漬けていたので食べ方を注意すると、「そばくらい好きに食わせてくれ!!」とキレられました

女性ってのは風情が無いですね・・・



気を取り直し、次に天ぷらをいただきます。

普通、天ぷらというと海老やさつまいも、ナスに大葉など数種類付いてくるものですが、ここの天ぷらは海老が2本のみ。

この海老2本で650円ですから、相当な自信の表れでしょう。

店内にも「天然えび使用」と明示してあり、そのこだわりが伝わってきます。

パクッと一口いただくと口の中に広がる海老の風味と甘さ、加えてごま油の香ばしさ・・・海老にはしっかり火が通りつつ中心部分が若干レア状態で絶妙な揚げ加減です。

最初は海老2本で650円は高いなあ~と思っていたのですが、食べた瞬間「妥当なお値段」に考えが変わりました。

まるで東京の高級天ぷら屋さんで食べているような味わいです。

海老天もすぐに完食。



最後は蕎麦湯をいただいて出汁を味わいます。



天もりそば1,350円(税抜)、天もりそば(大)1,450円(税抜)、日頃のご褒美に是非一度食べていただきたい逸品でございます。

私達夫婦の行きつけ店mapにまた新たな1店が加わりました。




更新時間: 2012年01月23 日 09:14

東京の乾燥注意報、歴代3位の乾燥に終わる

東京地方の乾燥注意報が歴代3位の連続38日で終わりました。

連日のようにその様子は報道されていましたが、液体窒素を使った実験で薔薇を粉々にするように、枯葉をバリバリと手の中で潰しているお天気お姉さんが増殖

私は今週3回くらいニュースの天気予報で見ましたね。

乾燥しているのをいいことに、また勢力を伸ばして来たのがご存知「インフルエンザウィルス」

東村山の学校では、学校閉鎖なんかも出ているのですね。



ウィルス・細菌にも負けないタオル。抑制効果は広島大学にて実証済み←クリック、クリック♪



我が家も昨日からSHARPのプラズマクラスターさんが、ウィルス君を撃退してくれています。
(たぶん、撃退してくれているはず・・・)

また、我が家で共有している洗面所のタオルも抗ウィルス・抗菌・消臭タオルを使用しているので、ウィルス・細菌の2次感染の予防もバッチリです。

1-60800-11-G.jpg
↑部屋干しニオワンタオル



抗ウィルス・抗菌・消臭の部屋干しニオワンタオル←クリック、クリック♪



インフルエンザは家族にも会社にも自分にも、あらゆる人に迷惑をかけてしまいますから、かからないにこしたことはないですよね。

特に高齢者や赤ちゃんのいる家庭では、インフルエンザウィルスが原因で肺炎や脳炎で亡くなるケースもあるわけですから、本当に気を付けなければいけません。

私も気をつけたいと思います。



更新時間: 2012年01月20 日 09:03

芥川賞はどうなんでしょう

昨日のニュースで良くも悪くも話題になった「芥川賞」の発表。

受賞したのは山口県下関在住の田中慎弥さん(39)。

見ていない方はこちらをクリック

その会見をニュースで見ていた私も「そんな態度なら出るなよ!」
とも思いましたし、他の落選した候補者にも大変失礼ですよね。

そもそも受賞して当然とか4回も落っことしやがってとか、
東京都知事のために来てやったとかかなりの毒舌でしたが、
確かにインパクトはありました。

「共食い」は今月末発売予定だそうですが、
売れるでしょうね~。

私も記者会見を見て腹は立ちましたが、「一体どんな作品を書く奴なのか?」と
いうのを確かめたくなりましたから。

本当に売名行為的には普通にインタビューを受けるよりも
10倍インパクトがありますね。

私も何かタオルで受賞式に出る機会があれば・・・

「本当は別にこんな賞なんていらねえんだよ。嬉しくもなんともないし。ま、とりあえず審査委員長の顔を立てて式典には来てやっただけでさ。今までうちのタオルが選ばれなかったこと自体が審査員の目が曇っていたってことだ。ま、今年は審査員も白内障の手術でもしたんかな」

なんて言ったらニュースで取り上げてくれるでしょうね(笑)

外国で受賞した時にこんなことを言ったら、その場で射殺されそうです。

ま、もともと私にはこんなことを言う度胸は持ち合わせてませんけどね


その後に流れた石原都知事の「芥川賞審査員を辞める」会見も物議をかもし出しそうな話しっぷりでしたね。

ま、歯に衣着せぬ発言というのは敵も多く作りますが、本質を突いていれば話題性があるので売名には成功します。

私は石原都知事は好きですね。




更新時間: 2012年01月19 日 08:40

三角食べ

今朝の朝食時の出来事。

本日の朝食はご飯とタラコ入り洋風オムレツでした。

父:下の娘に向かって

  「卵焼きばっかり食べて、ごはんとのバランスが悪くなっとるやん」

  「ごはんとおかずはバランス良く食べな~いかんよ」

妹:「別にまだ卵焼き残っとるしぃ・・・」

父:「バランス良くっていう意味わかる?」

妹:「わからん!」

父:「○○○(長女の名前)はバランス良くっていう意味わかる?」

姉:「わかるよ~。”三角食べ”のことやろ?」

父:「なんじゃそりゃ?」

姉:「ごはんとおかずと牛乳を三角形に順番に食べていくんよ」

  「知らんのぉ?」 

母:「三角食べ知らないの?常識だよ常識!!みんな知ってるよ」

父:「そんなもんは愛媛だけのローカルな指導やろ!」

と苦し紛れに捨てゼリフを残し台所を後にしました(小さいなぁ・・・)。


家族より知らない事があっては父の威厳にかかわる(威厳なんてないだろ)ということで、早速ウィキペディアで調べてみました。


三角食べ

三角食べ(さんかくたべ)とは、和食を食べる時にご飯と味噌汁とおかずを“順序良く食べる”方法のことである。もともと、1970年代頃、日本の一部の学校における給食の指導で広められた言葉である。“和食をおいしく味わうため”として指導が行われたが、過度の管理教育につながった。そのため、近年では、ご飯とおかずを順序良く食べることは指導されるものの、「三角食べ」として指導されることはほとんどない。


ふむふむ、なるほどなるほど。

私が1971年生まれなので、この指導は既に行われていたわけですね。

ということは、私の記憶がとんでいるのか、もしくは私が通っていた小学校では“三角食べ”に異議を唱えた学校だったのかもしれません。


話しは変わりますが、私はお弁当を食べる時には必ず「バランス良く食べる」ということを絶対にしてしますのです。

お弁当の蓋を開けた瞬間からその闘いは始まります。

闘いに勝つかどうかは“ごはん”“おかず”“箸休め”がバランス良く最後まで食べられたか?というのが勝負の分かれ目です。
※私の言う箸休めとはお漬物やお新香、豆とか昆布などを甘く炊いたものなどのこと

おかず→ごはん→おかず→ごはん→箸休め→おかず→ごはん→汁物・・・

というようにこなしていき、全体が平均的に最後まで食べられた時は勝利です。

たまに、失敗するとごはんが無いのに、おかずだけが残ってしまったり、箸休めが残ってしまったりという時は負けです。

一番最悪な負けパターンはご飯だけが残ってしまった時。

私は何か無いと白い飯を食べることができないので、おかずや箸休めが無くなった時点でその食事はGAME OVERになります。

いつからこんな癖が付いたのかわかりませんが、昔からお弁当を食べる時や定食など一人前の量が最初から決まっている時はかならずこんな食べ方をしてしまいますね~。

噂によるとフランス人はまったく私の逆で、日本の和定食が出てくると、サラダ→みそ汁→ご飯→おかずと一皿ずつ平らげていくそうですね。

国によっても違う食文化や生活習慣・・・面白いです


更新時間: 2012年01月18 日 09:04

私の朝のお勤め

週に2~3度のことなのですが、私達の朝のお勤めとして「コンテナ荷卸し」があります。

コンテナには南通楠橋紋織で作ったタオルを載せ、中国から本社まで運んできます。

大体40ft(フィート)と呼ばれる大きさなのですが、物量が少なく急ぎの商品がある時などは20ftというサイズのコンテナを使用したりもします。

moblog_79fb4edb.jpg
↑これが40ft(フィート)コンテナです

40ftコンテナだと250~300ケースのタオルが積載されて来ます。

1ケースの重量もマチマチですが、大体20kg~30kgというのが一般的ですかね。

たまに40kgオーバーもあるのですが、さすがに40kgを超えてくるとずっしり重たいです。

このコンテナを5~6名くらいで1時間~1時間半掛けて荷卸しします。

moblog_bad5aa25.jpg

moblog_740b721c.jpg


この作業、冬はまだましなのですが、夏はコンテナが焼けて灼熱地獄

本当にサウナ状態になり汗がダラダラ噴き出して来ます。

夏はこの作業がある時は会社にみんな着替えを持って来てコンテナ荷卸しに臨む程汗をかくんですよ~。

くすばしタオル、社員の日常の1コマでした・・・



更新時間: 2012年01月17 日 10:52

本日は微妙な日

本日は我が家にとっては微妙な日なのです。


喜ばしい日としては上の娘の誕生日で、もう9歳になりました。

本当にあっという間の9年間でしたね。

親と一緒に話したり出かけたりしてくれるのも小学生の間だけでしょうから、残りあと3年とちょっとです。

少しでも思い出を作ってあげられたらなあと思います。


喜ばしくない日としては本日は親父の命日です。

私の父が亡くなったのは娘の1歳の誕生日だったので、
あれからもう8年も経ちました。

闘病生活中になんとか孫の顔を見せて上げることは出来たのですが、もう少し娘の爺さんとして過ごさせてあげたかったなあと思いますね。

今でも憶えていますが、看護婦さんに孫の自慢をしたり、病院のベッドの上で孫を抱きながら「めんこい、めんこい。お前らは帰ってもいいけど、孫は置いてけ」などと目を細めながら笑っていました。
※「めんこい」とは東北・北海道の方言で可愛いという意味

私も孫の顔が見られるまで生きられるでしょうか・・・


昨年のメタボ検診で引っ掛かってしまい、今年は保健指導を受けています。

長生き出来るよう健康に気遣う一年としたいですね。




更新時間: 2012年01月16 日 09:03

上海旅行3日目&最終日

本日は上海旅行3日目です。

まずは豫園近くの雑貨市場へ出かけました。

moblog_2fcdb375.jpg

moblog_48bf847f.jpg

写真撮影も禁止ですし、コピー商品なども売っている場所なので、
上記写真の近くとだけ説明しておきます。

地下1階~5階くらいまであるのですが、質の悪いニセ物や
宝石類、文房具、雑貨等々、多種多様の個人商店が集まっている
市場です。

子ども達は友達へのおみやげや自分の為のおみやげを3店舗くらい廻り時間を掛けて選んでいます。

私は何も買う気もないし、ディスカウント出来るようなお店ではないので
通訳の必要も無くただひたすら徘徊しておりました。

雰囲気的には値切れそうなのですが、バーコードでレジを通すし地元の中国人がみんな値切らずに買っていくので、日本人の代表として定価で買って参りました。

ま、定価でもすごく安いんですけどね。


一通り子ども達を満足させた後は、「田子坊(ティエンヅファン)」という観光スポットに行きました。

日本人には「タゴボウ」と一般的に言われております。

moblog_22c1d3ed.jpg

moblog_eeb2a524.jpg

moblog_45ef0a25.jpg

ここは昔の古い建物や倉庫街を芸術家達の手で復興させた新しいスタイルのスポットです。

けっこうアトリエのようなお店もあって、味わいのある絵や版画などが売られていましたよ。

日本人観光客や中国、韓国はもちろんのこと、世界各国の人々が訪れています。

非常に狭い路地が入り組んでいるような作りなので、まるで迷路のような作りですが一度行ってみると面白いですよ。

moblog_ea6d67d8.jpg
↑私はわかりませんが、中国で有名な偉人の誰かなのでしょう・・・

moblog_e695bb6f.jpg
↑これは「タゴボウくん」とでも呼ばれているのでしょうか・・・


さてさて上海最終日の夕食は格安航空で来た自分達へのご褒美として奮発することに。

カミさんが「中国には何度か来た事もあるんだけど上海蟹を今まで食べたことが無い」ということで、高級上海蟹レストラン「蟹王府(シエワンフゥ)」に決定です。

moblog_e071eb33.jpg

ここは上海でも上海蟹専門店としては有名なお店らしく私達が行った時も全席満席の賑わいです。

メニューを見ていたのですが、上海蟹のコースは一番安いもので約398元/人(日本円で5,100円くらい)~あるのですが、我々は下から2番目の598元/人(日本円で7,700円くらい)のコースを頼みました。

ただし大人達だけ・・・

子ども達は蟹チャーハンやラーメンなど安いものを単品でチョイス。

moblog_00468b77.jpg
moblog_7aa4257e.jpg

ちょっと貧相過ぎて可哀想でしたかね・・・、まあ子ども達は食事よりもみんなで遊んでいる方がメインになっているので良しとしましょう。


さてさて、ここからは大人の上海蟹のフルコースでございます。

まずは前菜盛り合わせから。

moblog_47bf13d6.jpg

きくらげのワサビ醤油風味、くらげの黒酢和え、なんだかわからない肉のにこごり等が盛ってあり、どれを食べてもうまい!!

これからもっとうまい料理が出てくることを期待させる上品な味付けです。

私が驚いたのが「黒酢」の旨さ。

私は何度も中国に来ていますが、今まで味わった黒酢の中で№1ですね。

その場に売っていたら買って帰りたいと思ったくらいですから。

moblog_1ecccc49.jpg

さてお次は上海蟹のトロトロスープ。

身や味噌、卵などが入って上品な味付けがされ、片栗粉でとじたようなとろっとろのスープです。

上海蟹の旨さが際立って最高に旨かったです!


お次は蟹の小龍包、えびチリ、蟹の身の和え物と続きます。

どれもハイクオリティで旨いんです。

moblog_b37dca39.jpg

moblog_54e2d8c8.jpg

moblog_521670f6.jpg


さーていよいよどどーん!!と出て参りました上海蟹ちゃんの登場です。

moblog_8f1776c3.jpg

ただ、この状態で一度テーブルの上に置かれるのですが、この店の凄いところがこれを一旦厨房へと持ち帰り、剥いて出し直してくれるのです。

剥かれて出し直されたのがこちら↓

moblog_7940cda5.jpg

こりゃあ、上海蟹初心者でも食べ易くて最高のサービスです。

とにかく何度も言いますがここの黒酢が旨いので、蟹の身を黒酢につけて食べるとめちゃくちゃおいしいんですよね。

特に蟹味噌は絶品で、私の中の蟹味噌ランキングでは渡り蟹、毛がにを抜いてどうどう一位に上海蟹が君臨しております。

最後の締めは、蟹あんかけチャーハンと、坦坦麺で締め。

moblog_6e17ccde.jpg

moblog_b593ffc3.jpg

いやあ、フルコースを満喫いたしました。

お腹もいっぱいで満足しましたが、旨いものを食べると心も満たされますね。

「また来年の上海蟹シーズンには来たい!」と思わせてくれる高級店でございました。


今回は長々とお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

これでようやく上海旅行編が終了です。

来週からは平常版に戻りますが、また来週も見て下さいね~


更新時間: 2012年01月13 日 08:48

 | HOME |  »

プロフィール紹介

楠橋 功

楠橋 功

東京→中国→東京と続いた単身赴任生活もようやく落ち着き、本拠地今治に戻って来ました。
自社オリジナル商品を売る使命を背負い、日々営業活動に奮闘中。

プロフィール詳細

カレンダー

2012年01月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。