オーガニックタオル

高級素材を使用したふわふわな肌触りが心地よいオーガニックタオル。赤ちゃん用タオルとしても最適な今治タオル。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新時間: --年--月-- 日 --:--

永遠のゼロ

昨日、念願の「永遠のゼロ」を映画館で見て来ました。

永遠のゼロ

公開されてから5週くらい経っていたので、
席はガラガラな感じでしたが、興行収入が50億円も
突破したということで非常に人気作となっております。

原作本もなんと400万部を突破しているし、
とんでもない作品ですね。

さてさてその中身ですが、結論としては「とっても面白かった!」です。

不覚にも何度か泣いてしまい、
廻りで見ている方のすすり泣きの声もあちらこちらで聞こえてきました。

私のカミさんも最初の方から号泣していたそうです。

しかし、この作品のメガホンを取った山崎貴監督の苦悩たるや
相当なものだったでしょうね。

とにかく長編の小説を2時間半に納めなければならないのですから
「どのシーンをカットして2時間半におさめるか」で非常に悩まれたのではないかと
思います。

カミさんとも見終わった後、「このシーンも無かった」
「あの話も無かった」「この人出て来んかったなあ」などと
話ていたのですが、それは原作を読んでいただけに出て来た
話題で、今作品は原作を読んでいない人が見ても納得できる作品に
仕上がっているんじゃないかと思います。

おススメの1本ですし、ぜひ映画館で見ていただきたい作品です。

ネットでは「戦争賛美、特攻賛美」などと誹謗中傷している輩がおりますが、
決してそんな物語ではありません。

きちんと読めば(見れば)、「戦争は悪」ということは認識できると思います。

ただ、この映画ではちょっと「世界の目」を気にしたのかな?という
作品には仕上がっちゃってましたね。

あまりに原作そのままだと世界から非難されかねませんからね。

百田直樹作品にはほかにも面白いものがたくさんあります。

「影法師」「ボックス」などもおススメです。

百田直樹ワールドを是非感じてみてください!!





スポンサーサイト

更新時間: 2014年01月27 日 21:26

 | HOME | 

プロフィール紹介

楠橋 功

楠橋 功

東京→中国→東京と続いた単身赴任生活もようやく落ち着き、本拠地今治に戻って来ました。
自社オリジナル商品を売る使命を背負い、日々営業活動に奮闘中。

プロフィール詳細

カレンダー

2014年01月

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。